青森昭和産業株式会社
土木資材
二次コンクリート製品
建築資材はこちら
角型じゃかご
在来工法
円筒形のかごに対し四角形状の箱形をしたじゃかごの事を言います。
胴網・ふた網・中枠・骨線・閉じ線の各部材で構成されています。
現在は「ふとんかご」と一般的に呼ばれています。

《特 長》
1. 比較的簡単な工法です。
2. 工事が極めて容易で経済的です。
3. 工期の短縮が見込めます。
4. 既設かごの撤去と補修が簡単にできます。
5. 多量の需要に対し短時間での供給が可能です。

《用途先》
1. 河川工事…法覆工・法留工・根固め工・水制工
2. 治山、砂防工事…排水工・土留工・擁壁工
3. 海岸工事…堤防工・埋立工・裏込め工
4. 道路工事…法留工・路盤沈下防止

《製品の種類》
線 径…3.2mm・4.0mm・5.0mm
網 目…10・13・15cm
高 さ…40・48・50・60・64cm
かご幅…120・180・200cm
かご長…2.0〜4.0m
 
 
  組立方

   
部 品 個 数
胴 網 1
ふ た 2
中 枠 1
(胴網の長さ1m毎に1)
骨 線 4(すきま式は5)
詰め石穴
閉じ線
詰め石穴の数と同数
(網目寸法が10cmの場合はその2倍)
(すきま式の場合は列線のピッチと同数か、閉じ線の代わりに両ふた間を1本の直線によって胴網を閉じる構造とする)
 
HOMEへ ページTOPへ